生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

コミュニケーションに消極的

周りにいる人間と話がしたい。

関係を築いたり、情報を得るようにすべきなんだろうけど。

話頭としません。私。

不利な状況になるとわかってても、予測できでもやりません。

面倒臭いのと、相手の時間を取ることの申し訳なさがあります。

 

仲間と仲間外れ

周りの人間数人が楽しそうに話していて、自分が一人で私もああなりたいなと思うことはあります。

私もあの話の中に入りたいと。

そう思うことはあります。

しかし、自分もあの中に入って楽しめるかといったら、そうとは限りません。

”自分が”参入して楽しめる・楽しくなるとは限らないのですね。

無理矢理相手に合わせて疲れてしまうかもしれません。

他者のコミュニケーションを見て寂しい思いをするか。

在りたい自分を我慢するか。

寂しくても自分の思い通りに生きるか。

 

 

私は3番目しか選べませんでした。 

小学生の時の感覚

全然感覚が違いますね。

まず知識量が違う。

親や周りの大人の言っていることは正しくて、聞かなきゃいけないと思っていたけど、全然そんなことはない

大した大人というのは、そうそういない。

長いこと生きているから、子供よりは能力が上だけど、歳相応に優秀かというとそうでもない。

平成時代に昭和脳で生きている人多いですね。

平成後期に入ってもずっと昭和感覚の人多いですね。

成長しない大人って多いな。

 

えっと、何の話でしたっけ。

あ、そうそう。子供の頃は周りの大人が立派に見えたけど、大人になると全然そうは思わないってことです。

 

何かをすることで、何か出来なくなっていく

仕事をすれば、他の仕事が出来なくなります。

生活の為、お金の為に仕事が必要だけれど、失っているものもあります。

 

ヴァーチャルな経験・実体験

テレビやらネットやら書籍やらで知識を得たり、妄想体験することはあります。

対して、物理世界で経験したことは、強烈な記憶となって体に残ります。

実体験の方が”強い”。

だから、本で読んだ知識より、実体験を重視せよとも言われます。

そう思う反面、仮想体験もバカにならないよなと思ってます。

自分一人が世界の全てを経験できるわけじゃない。

誰かが経験したことを伝聞でも映像でもいいから経験できることは、ショートカットして何かを得ることになります。

自分の経験が強い・大きいことは否定できませんが、仮想体験も過小評価は出来ません。

 

無理矢理他者の中に入ること・入られること

急に人から話しかけられる時があります。

イラッとしませんか?

あるという人も、ないという人も、そもそもそんなシチュエーションがないと言う人も居るでしょう。

話しかけるにも、話しかけられるにも相手が居る。

その相手と自分が互いに時間を使い合う意味はなんだろうか?

 

朝起きることがストレス

何がストレスかというと、

目覚ましで起きることです。

 

早く起きて作業しようと思って目覚ましをかけ、鳴ったら起きるのですが、それが体のリズムにどうもあっていないようなのです。

 

早起きするのはやめる。

 

目覚ましのセット時刻は、間に合わないギリギリの時刻にセットする。

 

体の流れで、自力で起きたらそれでよし。

起きなきゃいけない時は仕方なく起きる。

 

これでいきます。

 

時間制限 のある中でブログを書く。

今やっと確定申告が終わりました。

自分一人の分なら疲れたりしないのですが、

他者の分まで含むとなると、相手に依存する項目が増えて、辛いです。

自分が上手にできるかがどうかが相手の動き方に支配されるのは、辛いです。

 

そんなこんなで明日の行動のためにとるべき入眠時刻が迫ってきています。

よってこのブログも短時間で書きあげなければなりません。

キーボードを動かす速度が速いのはいい。これは鍛えましたから。

えっと、時間制限。

一体どれだけブログ溜まっているんでしょうね。

書きたいタイトルは沢山あるのに書かずに溜まりっぱなしです。

 

時間制限があるのは勿論ブログだけではありません。

ほぼ、人生のすべての事に時間制限があります。

睡眠、食事、仕事、作業、遊び、映画の上映時刻。

自分のタイミングでどうにかなることも多いですが、そうでないことも多い。

昔(2015~2016前半)はそうじゃなかった。

すべての時間が(ほぼ)自分の思いどおりでした。

いつ起きるかも、いつ寝るかも、いつ食べるかも自分次第。

何をしても、何をしなくてもいい世界。

そんな中で、「何をしたらいいかわからない」状態に陥りました。

で、今は。

時間の制約に苦しんでいます。

ただ苦しんでいるだけではなく、自分のやる気のなさに苦しんでいます。

確定申告作業辛かったんですよ。

先週楽しかったのに、今週全然楽しくなかったのだから。

ストレスが溜まる。

(努力って自分にストレスをかけて何とかすることだよね。だったらストレスをかけないで、なるべく努力をしないで物事を達成する方法を考えないとどんどん辛くなる。)

なぜ今日はずっと辛かったのか。

食べているものが悪いのか。

動き出せばたいていなんとかなるのですが、今日はそうではなかった。

借金は時間を買うようなものだ

欲しいものややりたいことがあります。

それらを手に入れるためにお金が必要です。

しかし手元にお金がない。

まともに働けば、お金が手に入るまでに時間がかかります。

その手に入るための時間って何だろうか?

お金があれば得られたであろう楽しい時間が消えてる。

大いなる機会損失ではなかろうか?

www.weblio.jp

もし私がPCを持っていなかったら、迷わず購入します。

お金が無かったら分割払いや、借金を使います。

これでお金が貯まるのを待つまでもなく、得られるべき利益を得ることができます。

ん、また支払いが増える?

大丈夫ですよ。その時にまでにこちらの生産性は上がって、多く稼げるようになってますから。

 

お金でサービスを買って時間を得れるように、借金で時間を買うことも出来るのです。

 

その仕事に2分もかけていいのか......

ある日、私はお金の支払いに郵便局に行きました。

窓口に書類を渡し、お金を払って手続きをしてもらいます。

あー紙にサインするのね。

......

......

何やら上司に紙を渡したりして手続きをしています。

領収書をもらって、やっとおわった。

 

これに2〜3分くらいかかっていました。

かかりすぎじゃね?

たかだか数万円の支払いにこんな時間かけていいの?

下町の小さな郵便局で窓口も少ないのです。

人が多く来たら混雑しますよ。

仕事する当人も大変でしょう。

真面目にやっているとは思うのですが、簡単なことに時間をかけるってことは無くすべきで、無くしていきたいです。