生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

急速に頭を整理する必要。

タイトルの通り整理が急務です。

派遣労働に関しては大体答えが出ています。

どのようにすればよりよく動けるのか、仕事の範囲の中でやるだけです。

問題は生活の方。

いちいち考えなければ動けない。

 

この問題を考えていきます。

ブログタイトルは用意してあるんです。

全然更新が進んでいませんが。

各日のブログタイトルは用意しています。

手帳にタイトルだけ書いて用意しています。

時間を見て記事を書いていきます。

 

タイトルを考えるのは楽なんですよね。

期日・締切

昨日書いたこととも繋がります。

 

締切がないと、なかなか手をつけようとしないものです。用事。

期日があれば、"いつやろうか"など考えもしません。

今やるしかないのですから。

人からの頼まれごとにせよ、自分課題にせよ、締切を設けたいものです。

 

遅れること多々あるんだろうな……

やり方を考えるより、さっさとやってしまった方がいい時もある。

ま、タイトルの通りのことを書きます。

 

やるべき事、やりたい事の項目を書き出して把握したとします。

どのような順番でやるべきか?

どの時間に放り込むべきか?

 

最適な方法を考えます。

 

しかし、それを考えてばかりで実際に行動しなければ本末転倒です。

動かなければ考えたことも無駄です。

 

タスクを解消する大きな手段は、さっさとやってしまうことです。

"やっている自分" "やれている自分"を想像することではないのです。

 

10ある項目を整理だけしてやらないより、整理しなくても1か2やってしまった方が、残る負担は少なくなります。

 

 

とはいえ、行き当たりばったりで失敗することも多々あります。

いや、いいのか。失敗すらしないよりは。

 

失敗の経験から失敗しないようにする為に、何も行動しなくなるのは、また違いますね。

同じ失敗するのでも、それでもやった方がいいのかも。

 

そうなると、「仕事させてもらえる」というのは、学習条件としてはとてもいいものなのかもしれません。

 

 

疲れはあるよ。そりゃ、

朝起きた時って、疲れてます。

正確にはいつも疲れているんだけれど、起床時にその疲れが外に漏れ出している、といったところでしょうか。

この瞬間がしんどい。

しんどくて布団内に籠ります。

iPad見ながらごろごろします。

  もったいない時間です。

手帳に書いていたあの用事やろうかなと思いながら動きません。

動こうとしても、身体の痛みを感じて動くのをやめます。

これは怠けなのか、それとも身体のサインなのか?

 

部分的に体が悪いのは確かなんです。

 

右肩・左肩はすごく凝って疲れている。

動かすとかなりの運動をした気分になります。

 

右背中は硬いコリがあります。

 

腰は体操をすると硬さがわかります。

 

右下半身・左下半身共に部分的に硬さを感じます。

これはお尻の靭帯からキているのです。

 

朝起きた時にこの疲れがくる。

そしてごろごろして朝の貴重な時間を失う。

 

これを繰り返している。

 

そこ行う行為が何故デュエルリンクスなのか……

 

疲れて動けないと思うと同時に、エネルギーが有り余っているとも思ってます。

手帳に書いたタスクをもっともっとこなせるはずなんです。

あのデュエルリンクスにかけた時間を思うと。

 

仕事だと頑張ってしまう。

やるべき項目を把握して、時間内に納めるように工夫をする。

そっちに割いてるエネルギーを向け過ぎないようにすべきではないかと考えている近日です。

 

成長しない人間と一緒に居るのはしんどい。

一緒に仕事をしている人間が何日経っても同じままでいる様を見るのは、しんどいものです。

成長や、経験から得たものを活かしていない様子を見ると、なんで私はこの人と一緒にいるんだろうと、思ってしまいます。

誰と組むかが人生を左右するのですね。

然程難しい仕事していないはずなのに疲れる。

今やっている仕事。整理すれば難しいことなど何もないはずなのです。

しかし疲れる。

それは何故か?

 

現時点では大体の仕事内容はわかっています。

しかし当日の時間になると予定がクルクル変わる。

これが原因か?

 

あと組む仲間の問題ってのは、ある。

腰が柔らかくなると、身体は楽になる。

肩や腕がこって、その部位をストレッチしていませんか?

その行為、場所を腰に変えるだけで相当マシになるかもしれません。

腰と体の各所は繋がっています。

腰をストレッチすることで、腕肩が楽になる可能性はあります。

 

現に私は楽になった。

続けていきます。

 

……と言いつつサボるんだろうな。

"話しかけられる"というのはストレスになる

知っている人と話すのも十分ストレスですが、

知らない人と話すのもずっとストレスです。

特に文脈が何かわかってない時や、文脈を共有していない時の不安さは大変なものです。

そうであれば、繋がるべき人と繋がるのって大変なのかも。

だからこちらも話しかけるのをためらってしまいます。

知らない人同士が知り合いになるのは、大変な奇跡なのかもです。

 

本当にどう他者と繋がったらいいのだろうか?

意外な効果

素早く書きます。

仕事する時間帯が夕方から夜にかけてになって、色々メリットが生じています。

朝近所に気兼ねなく掃除機をかけられます。

帰ってきてすぐ寝るので起きてからの時間が作れます。

その間食事を作る時間や家族と話す時間が増える。

これを仕事の後、ではなく仕事の前にやれるのは大きなメリットです。