読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

やりたいことやらやりたくないことやら

この1年やりたくないことは徹底してやらずに過ごしてきました。

ではやりたいことをやってきたかというと、そうでもないのです。

私のやりたいこと、それは「書くこと」であったはずです。

1~10月まで、書きたいこと書けてきたでしょうか。

自分が理想とする状況を達成してしまったことで、気の抜けた文章ばかりかいてしまいました。

 

y-synchro.hatenablog.com

 

本当に、目的意識を持っていると、書くべきことがどんどん生まれてきます。

 

y-synchro.hatenablog.com

なんらかの目的を持って1日生きるだけで、見えてくるものが違います。

その場その場の思いつきで動き回るのとでは体の経験値が違うのです。

 

今日は割りと充実した日々を過ごせたと思います。

何もしていない無駄な時間を可能な限りなくしました。

 

 

それにしても、

自分の理想を達成したところで、人生が終わるわけではないのですね。

今日もあるし、明日もある。

今日も明日もご飯を食べます。

私の命は続いていくのです。

だとすると、自分が何らかの目的の為に生きているというよりも、自らに与えられた時間を上手いこと使えと神様から言われているように思えます。

自分の夢や目的を果たす為でなく、ただ命の為に生きる。

神様に弄ばれているような気分です。

じゃあ「やりたいこと」って何なのでしょうか。

その中身は私の場合「書くこと」で決まっていますが、「やりたいこと」を持つって、どれくらいの意味があるのでしょうか?

自己実現よりも、人生をうまく生きる方が賢いと思えてしまって、夢だの理想だの一体どう活かしたらいいのだろうと考えるのです。

活かすということ。

それそのものに意味はなくても、活かし方で意味のあるものにする。

夢や理想を自らがこの世を生きやすくする為に利用する。

それも一つの答えかもしれません。

 

本ばかり読んでいると、抽象的なことばかり書くようになってしまいます。

抽象思考はそれはそれで大事なんですが、ブログを書くには実体験が一番おいしいのです。

それに、今までに何人もの方々が思考されているので、 私が語っても新鮮味がありません。

私自身も何度も考えを巡らせました。抽象的なことは実体験を積んでからまた考えればいいのです。

 

食えるようになる。稼げるようになる。社会や現実とコミット出来るようになる。

 

これが今の目標であり、「やりたいこと」です。