読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

集団行動・協調性の話

誰かを不快な思いにさせたことはないでしょうか?

 

昨日と違って今日は全然でした...。

進んでいたことが全然進みません。

2歩進んで1歩下がるような生活ぶりです。

また書くこと無くなってしんどくなります。

 

で、タイトルにあるように、集団行動や協調性の話をしようかなと。

 

だいたい集団で行う行動は、自分一人の為のものではありません。

集団で旅行すれば、それはみんなの為の旅行であり、集団で食事に行けば、それはみんなのための食事です。

自分一人が楽しめばいいのではないわけです。

みんなが楽しめるようにする。周りにいる相手を楽しませないとならないわけです。

その為に、まず周りに迷惑にならない行動をする必要があります。

これ自体はさほど難しくない。

問題は相手を楽しませるということです。

こっちはどうしたらいいんだろうか?

話をするなら話の為のネタが欲しい。

楽しむ為、楽しませる為のツールやハウツーも欲しい。

それが出来ないと、辛い。

お互い気を使いあうのは心苦しいものです。

 

人を楽しませることが出来ない人間はどうなっていくか?

友達が出来なくなるのだと思います。

最初は誘われていても、こいつつまんないと分かると誘われなくなります。

そんな経験をした人も多いのではないでしょうか?

 

それが寂しくて辛いのなら、

2人以上の行動では、相手のことを考えて発言・行動することが大事になってきます。

自分一人が楽しむということでなく、相手に楽しんでもらうこと。相手を楽しませることが大事になって来ます。

それが普通に出来る人間が、友達のできる人間なのではないかと、かなり前から考えています。

 

自分が楽しめそうになかったら、誘いをガンガン断っていたのが私です。

自分が大事、自分が楽しめるかどうかで物事を判断するのは決して間違いだとは思いません。

しかし世界に存在する意思は私の意思一つではありません。

私が私の意思を持っているように、他者にも他者の意思があります。

楽しみたい、と思っている相手の前で、自分の快楽の為にその相手を不快にさせる行為をしてしまったことはないでしょうか?

私にはあります。

過去に何度もあります。

その時の私には、他者の意思も見えておらず、相手が何を考えているか想像する気持ちすらありませんでした。

これこそ協調性がない、というヤツです。

”我々”意識がないということなのかもしれません。

それにしてもどうして今までずっと考えてこなかったのでしょうか?

本当に考えてなかったなぁ。

 

とりあえず、身近にいるひとからでもいいので、始めて見ますか。

相手の側に立つということを。

 

あ、でも「向こうからすれば私といるの迷惑だな」と思って距離を置いたことはなんどもある。

 

rentwi.textfile.org

 

 

y-synchro.hatenablog.com