読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

ただ生きているだけでいいのかと思っていたけど

ただ生きているだけでも凄いことです。

 

生きているからには何かしなければならないとか。

何かを為さなければならないとか。

そんなことを考えていましたけど。

 

生きていることそのものが凄いことなのではないかと考えるようになりました。

 

人は、いつか死にます。

現世に留まっていられる時間は有限なのです。

生まれる前に意識は存在していないし。

死んだ後の意識もない。

始まりと終わりがあり、その間の期間だけ生きていることができます。

なぜその期間だけなのか?もっと早い時期はなかったのか?あるいは遅い時期はなかったのか?

問うても誰も答えてはくれません。

私の人生が終わっても世界は続く。

”一時期”しか現世と関われません。

世界とコミット出来ているのって凄いことじゃないですか?

永い時間の中で意識を保っていられるこの時間はものすごく貴重なものじゃないでしょうか。

生きているということ自体凄いことである。

で、あるならばこの命と体をどう使うかですね。

徹底的に活かすべきです。何に?

 

...

...

...

何でしょうか?

それがわからないから足掻いてますし、ブログ書いてます。

 

まぁ今じゃあ環境に身を委ねてみるのもいいかと思っています。

自分一人で物事を考えていたって同じところをぐるぐる回るだけです。

人に話したり、人から知見を得たりすることで、私の頭の中の回路が変わっていきます。

それを楽しんでいこうと思ってるのです。

自らを現実にダイブさせて、どうなるか見てやろうと。

 

要するに自分自身というコンテンツを楽しもうと思うのです。

一生付き合えて、一生使えます、楽しめます。終わった時は終わる時だし。

 

 

子供の頃からの(チャチな)夢は叶えました。

 

y-synchro.hatenablog.com

 

そこで終わっても良かったのですが、中々私は死にません。

あれ?オレ死んでない。

夢を叶えても終わりではありません。

死ぬまで生きなきゃならないのです。

 

ただ、これまでと違って気負う必要はないです。

何かの為、夢の為、目標の為、そんなことは考えなくていい。

まず、生きていくこと。食べていくこと。

それが出来る自分であり続ければいい。

当然、やりたくないことを仕事にするつもりはありません。

それで体も壊したこともあるので、それだけはしません。

きちんと自分を生かす。

あ、ただ生かすだけではないですね。様々な場所に自分を飛び込ませて、どんな反応が出るか試してみたいです。幸い、人と話す力も昔に比べてあるようです。年数の賜物でしょうか。

 

y-synchro.hatenablog.com

 他者と楽しく話せなかった理由に、「内容が詰まってないからつまらない」と書きました。

 

y-synchro.hatenablog.com

 その分析は正しかった。

話すネタがないと話せない。言語化しやすいネタ、既に言語化されているネタがないと、中々話は続きません。

話をして楽しいという経験をもっと積んでいきたいです。

 

また小学校の作文みたいになってきた.....

 

量を書くのは文章上達の必須条件です。

けれどいい加減まともなテクニックを一つでも身につけて読みやすい文体に仕上げていかないと。

 

スクリプトドクターの脚本教室・初級篇

スクリプトドクターの脚本教室・初級篇

 

 この本興味あったんですよね。ほしい物リストに入れっぱなしでしたけれど、買いましょう。

これも感想書きます。