生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

まともな人の紹介じゃないと、まともな仕事が出来ない。

全部が全部、とは言いませんが、きちんとした紹介でないと、良い仕事が出来ないことはある。

ということはある程度はわかるのではないでしょうか。

 

具体的なことは書けないので、抽象度を上げて書いていきます。

 

とある仕事があったんです。

紹介者を得て、仕事を始めることになったんですが。

紹介者からの説明がはっきりしていなかったり、

紹介先の方との話もうまく進まない。

なんとなくで始まって、なんとなくで終わる。

なんだろう、これ。

仕事ってこんなもんでいいのだろうか?

いや、良くない。

何の為に仕事をするのか とか。

仕事のゴールがどこなのか などはきっちりわかっていないといけない。

(よく仕事が出来たな、と思いますよ。本当に)

無論、その部分を頑張るのがあなたの仕事だろう、と言われたらその通りです。

y-synchro.hatenablog.com

私の仕事の結果で、私自身が責められるのは仕方ないことですし、当然のことです。

仕事をやる以上、その仕事に力を注ぐのは当然のこと。

 

しかし、仕事は一人でやるものではありません

自分がいくら頑張っても、協力する相手が非協力的であれば出来る仕事も出来ません。

人のせいにする、ってことではないのです。

別に間に入った方に文句をいうとかそういうことでもないのです。

 

自分自身が働く以上、きちんとした環境で働こうとするのは当然のこと。

その方を頼ったのは私です。

仕事を選ぶ時にこちらも選べたはずなのに。

まともでない、能力のない人の力を使おうとした私はバカであったのです。

やはり仕事は人付き合いだと思います。

「何を」やるかと同じくらい、「誰と」するかが大事になってきました。

 

 

これまでどちらかというと、「切られる」側、「選ばれる」側でした。

採用するかしないか、仕事をやらせるかやらせないか。

それは相手側が決めることだった。

 

今度はこっちが選ぶ側になっている。

能力のない人間を選ぶ必要はない。

まともなことが出来ない人と仕事はしない。

その選択を取らなければいけない。

 

直接は関係ないですが、この記事を思い出しました。

hase0831.hatenablog.jp

 

他者から優しくされればその人に優しくしようとし、

冷たくされれば、その人のために何かしようとは思わない。

丁寧な仕事をされれば、こちらも丁寧な仕事をしようとし、

雑な仕事をしていると、あ 雑でいいんだと感じてしまう。

 

単純ですが、人間関係の事実です。(例外はもちろんあります)

無論逆でもあるべきです。私の頑張る姿を見せて、協力者の方々にやる気が起きるような仕事人になりたいと思っています。

向こうが感じることなのでこちらにはどうにも出来ませんけど。

 

一人で完結しない仕事は誰とやるかがどうしても大事になって来ます。

単に仕事が出来る出来ないだけの話ではなくて、互いの足を引っ張らない、互いの力を引き出しあえる相手に出会えることが大事です。

 

まぁ、間に入った方も大変だったのかもしれません。感謝はしています。

が、それもこちらが選ぶ話ではあるし、相性もある。

要するに付き合う人間は選べるなら選びましょうと言いたいだけなのです。

”まともな人の紹介じゃないと〜”なんて書いていますが、だったらそんな人を使うなよ!

で、終わりなんです。

 

終わっちゃった。

 

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ生存に足掻いています。

納得はしています。自分が選んだ道なのですから。

生存のために足掻きながら、自分の持つ時間や、エネルギーを無駄にしない生活を心がけています。

しかしそれだけじゃダメだとも見えてきます。

家族間で話し合える状況も作らなきゃですし、よりもっと稼いでスムーズに仕事していかにゃならんのです。

ブログ内容も低調。

やっぱり課題山積みだ。

本も読んでいきます。

ブログの調子が良くなくても、ただひたすら書いていく。

それが今の私と私のブログです。

 

 

 

 

興味があったらこちらもどうぞ

y-synchro.hatenablog.com

y-synchro.hatenablog.com

y-synchro.hatenablog.com