読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

やはり、意識高い系をバカにしている場合ではない

セルフブランディングとか、人脈形成とか、なりたい自分になるとか巷で言われている「意識高い」に比べれば大分レベルの低い話です。

 

ひとまず自分がtweetしたり保存しておいた記事を引用してみます。

 

 

 

 

 

buenakun.hatenablog.com

 

tokunoriben.hatenablog.com

tokunoriben.hatenablog.com

dennou-kurage.hatenablog.com

twitter.com

www.ikedahayato.com

 

agora-web.jp

 

 

カラーバス効果 - Wikipedia

 

 

 

 

たくさんありますね。探せばもっとありますが、私が見てきた範囲であげてみました。

 

意識を高く持ってキャリア形成に挑み、充実した毎日を送れるようにする......

大いにいいことです。外野から何もしない人間が嘲笑することではありません。

挑戦して1回や2回で失敗するのは当たり前。むしろ失敗すらできないことを恐れるべきです。

 

......なんて話をしてもいいのですが、このブログはもっと違う話をします。

 

意識低かったらどうなるのか、って話です。

 

 

人それぞれ、何を目的にしているか、何を考え意識していくかは各々の自由です。

お金に執着する人。

人間関係に注意を払い続ける人。

遊びの時間に精を出す人。

 

それぞれ、あります。

 

しかし何もなかったらどうなるのでしょうか。

日々やる仕事は自分の範囲をやるだけで他の仕事とのつながりに興味を持たず、周りの人間関係も見えない。

健康のことなど気にせず暴飲暴食を繰り返し体調管理もままならない。

ファッションに無頓着。

お金に関しても支払い期限を過ぎてもまぁいいかと考えたりする。

締め切りに遅れることにも何も感じない。

 

...書いて見れば、意識低いというより怠惰ですね。

 

ただ単に意識が高ければいいというものではないのですが、何にもアンテナを張っていないで生きていると、とんでもない人間が作られていく可能性があります。

 

アンテナを張り続けていく為には、単に自分の意識を高くもっているだけではいつかモチベーションがさがります。意識を持ち続けられる環境、例えば自分の成績を常に問われるような環境にいることが意識を持ち続ける為に必要です。

(書いてみれば普通だ。)

速読トレーニングをしようとして半年程度で終わっちゃったり、毎日少しずつ掃除をしようとして数日も続かなかったり、簿記の勉強をしようとして数ヶ月も続かなかったり、ブログの勉強をしようとして何も始まらなかったりと意識はどこかで終わってしまうことは多いです。(全部自分の話です)

 

だから、意識の高い人やアンテナを張っている人をバカにしている場合ではない。

それだけでも尊敬すべきところなのですから。