読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

話しかける、話しかけられる-2-

 

y-synchro.hatenablog.com

 

2年前はこんなこと書いていたのですね。

 

なぜ話しかけづらいのか。

なぜ話しかけられないのか。

 

これは、「私が話しかけられやすい人間になっていないから」

ではないかと考えています。

 

話しかけられやすい人は、よく話しかけられて、他者と仲良くなる機会が与えられる。

 

まあ、これはある程度わかります。

 

話しかけやすくするためには、どうすればいいのか?

相手が話しかけられやすい人であることか?

自分ができる人間になればいいのか?

 

相手は、どうにもなりません。

相手がどんな対応するかはこちらにはどうにもできません。

 

経験上思ったのは、

「話しかけてくれた人には、話しかけられやすい」

ということです。

これは、わかりますね。

一度会話をした相手とは、会話しやすい。

(例外はありますよ)

で、これは相手からしても同じことです。

こちらが話しかけていれば、相手にとっても自分は話しかけやすい存在であるでしょう。

 

で、あれば。こちらから話しかけるアクションを取ることが大事になります。

その時に。

「話しかけやすい」態度でいることが大事なのでしょうか。

”この人には話してもいいんだな”と思ってもらえるような姿勢が大切。

「私はいやいや聞いているんだけど......」なんて対応を取らない。

 

ことが大事だと思っているのですが、どうでしょうか?