生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

思考スピードと行動スピード

 

y-synchro.hatenablog.com

y-synchro.hatenablog.com

 

頭の中で考えることはすぐに済むのに、実行はなかなか時間がかかります。

頭の中では終わっているはずなのに、現実は何も動いておらず、なんで終わってないんだろう。と思うことはないでしょうか。

私は思ってばかりです。

そりゃそうです。

考えることは数十秒で終わるのに、行動にはそれなりの時間がかかるからです。

手帳に予定を書き込むのは数秒ですが、その内容をこなすには時間がかかります。

”思考”のスピードで現実も進むと思っていると、現実の動かなさにイライラしてしまいます。

より抽象的に考えられる脳内が速く進むのは当たり前です。

 

さて、どうするか。

やることは、現実に合わせて考える量を減らすことと、現実の行動スピードをあげることです。

頭の中で考えていることが理想なら、実際の行動は現実。

すなわち理想と現実のすり合わせをするのです。

上記の過去ブログに書いたように、2手3手先の事を考えても頭は疲れるばかりです。

多くても1手先までにして、今取り掛かっている事に集中する方がかえって用事は速く終わり、「あれ、時間余ったな」状態にもっていくことができます。

そしてこれが行動スピードを上げる事に繋がります。

これを繰り返していくと、2、3の事を同時に考えるよりも、1つ1つこなしていく事が、行動のスピードアップにも、思考の節約にもなる事がわかってきます。

頭の中だといくらでも物事が進みますから、そちら側の世界にずっと居たいなというのはよくわかります。

しかし成果を出すのは現実世界です。

現実を動かさないとどうにもならない。

今現在の自分の現実世界でのスピードを受け入れて、すり合わせをしていく事が、楽に生きていく手助けにならないでしょうか。