生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

体を酷使すると疲れが溜まる

何を当たり前の事を言っているのかと思われるかもしれないが、そう感じたので書く。

疲れた。とにかく何故か疲れた。
自分ではいけると思っていたのだが、終わってみると物凄い疲れていた。予定していた睡眠時間じゃ全然回復せず、より多く寝た。それでも回復しない。で、そんな状態で仕事をする。できるけれども当然しんどい。疲れは回復しない。
回復しない時は部屋を全然片付けられない。自炊する気も起きない。体力があるのにダラダラしていたら自分を責めるが、体力も時間もない中であれこれ作業をするのは辛い。
 
  いや、それも甘えだという人がいるのかもしれないけど。
 
仕事は大事である。ただ仕事をすると仕事の為に自分の時間を差し出し、体力を消費する事になる。
それが巡って「自分の事」ができなくなる事もある。
今回時間的余裕があると思っていたので、自分がやりたい事が出来るようになるスケジュールを組んだが、出来なかった。
時間があるだけでは思うようにはいかない。
体力ややる気が要るのである。
この事を思い知った。
なので、体力の配分を考えて予定を組まなければ...などと考えてもその予定はまた狂う。
予定通りにはいかない。
考えられる事は
 
   体力のある間に用事を済ませる。
 
    体に負担がかかりそうな時、かかった時は休む時間を多く取る。
 
ということである。
仕事で疲れるのは仕方が無いし、当然だが、その疲れを次の日の仕事に積み重ねたくない。
積み重なった疲れが解消出来ず残ればさらに次の日に疲れが積み重なり、それが解消出来なければまた更に次の日に...としんどさが溜まる。
今回体を酷使したと感じたのもこの一週間の働き方、睡眠の仕方にあったと思う。
う~ん。あまりにも「働いていない時の生活の仕方」の頭のまま日々を過ごしている。
その状態に戻るのも私の目標の一つであり、このブログのタイトルにその思いが込められているが、自分の年齢的にもそんなこと言っていられない。
働きながら働かなくて良い道を作る。仕事が自分自身の邪魔にならないように、
健康第一、時間管理。
これが今後の生き方で優先順位が高くなる。
 
 
 
 
しばらくの間前述の疲れのせいで更新ができませんでした。体力って本当大事ですね。まだ今の年齢のうちにやっておかなければならない事が山ほどあります。まだまだ言いたい事を言っているだけに過ぎず、まともな構成にもなっていない文章のブログですが、まずは1日1回更新する事を目標にやっております。今年書くべき分はこれから連続で更新しようと思います。見ていただければ幸いです。
 
2014/12/10 07:26(JST)修正