生存疾走更新

生存を目標に 仕事に進行中。1日1回以上更新、1日1冊以上読書!.....は現在休息中。

体調について

体調問題を抱えています。

7月から仕事内容が変わった事に伴い、体が緊張する事が多くなりました。

その結果、眠りにくくなりました。

思った時間に眠れない。

 

y-synchro.hatenablog.com

 

体の硬直が精神の疲れに直結しています。

仕事で起こった緊張は体に残り、自律神経をおかしくします。

 

ときおり気持ちよく眠れる事もあります。

しかし数時間で起きてしまう事もしばしば。

よほど体がおかしいのでしょう。

 

食べる時間も不規則になってきたせいか、また太ってきました。

今年半年でかなりの減量を達したのに。

 

さて、どうするか。

 

”やめる”との判断をするのは簡単です。

過去にやったようにすればいい。

しかし、それでは意味も成長もないのです。

仕事において疲れや緊張は発生しますが、プラスの面もないわけではないのです。

仕事を通じて様々な人間と触れ合う事でいろいろな知見が得られ、人間観察の訓練になります。

一人でいてはできなかった事です。

仕事そのものはしんどさが発生する。

しかし、だから辞めるというのも違うと考えるのです。

仕事を達成しながら自分自身を守る手段を作る。

すなわち、この現実は乗り越えるべきものだと考えています。

 

いや、かならずしもそうとは限りません。

本当にピンチに陥った時はあっさり場からさるでしょう。

そうであるにしても、ないにしても。

乗り越えられるのなら、乗り越え、その経験を他の誰かの為に活かす。

そうでないのなら、何故乗り越えられないのかを見極めて、次の場所で努力する。

 

もう子供じゃないですからね。全ての課題をやり遂げる必要はないのです。

何をやるべきかを見極めるのです。

逃げ回るのもまた違います。全部から逃げていたらどうにもなりませんから。

 

 

それにしても体硬い。

仕事の為の時間か、時間の為の仕事か。

仕事するには時間が必要です。

仕事を達成するために時間をやりくりしなければなりません。

よって(ほぼ)毎日スケジュールの調整を行っています。

しかし、

仕事がなくなる、という状況が発生することがあるのです。

その時、空いた時間どうしようか、と考える必要が発生します。

………

………

なんかこれおかしくないか?

仕事の為の時間のはずが、時間の為に仕事を作ったり、暇を潰す行為を作ったりする。

う~ん。変だ。

その行為は利益を生み出さないぞ。

仕事であれば利益を上げる為に生産性を高める事を目指すもの。

時間潰しの為の仕事なんかやってる場合ではないのだけれど。

作業する人間も、仕事のフォーマットを作る人間も、きちんと考えていなければ、滅茶苦茶な事が起こるのです。

 

とはいえ、

これって本質的な事かもしれません。

時間が無く困ることは多々あります。

しかし生まれてきた私達には時間が与えられています。

誰に頼んだわけでもなく。

どう使うか決められていない時間。

時間をどう使うかは、終わるまでの課題なのです。

疲れを取る為には時間が必要だ。

昨日のブログと似た内容です。

緊張や興奮の後は休んでもなかなか疲れは取れません。

体の調子が落ち着くまで時間がかかります。

数時間おかないと安らぎモードの入りません。

きちんと疲れを取る為には時間が必要なのです。

仕事による興奮や疲れはものすごいものがある。

先日こんなブログを書いたのですが。

 

y-synchro.hatenablog.com

 

いざ仕事終わってお風呂入って眠ろうかと思っても眠れません。

布団に入って2時間近く経たないと眠りません。

これは仕事の緊張が取れるのに時間がかかっている為です。

 

ならば無理に早く寝なくてもいい。

緊張が溶ける時間に入眠時間をセットするのです。

「今すぐ」すべき事をやってしまう。

やるべき事は沢山あるのですが、複数の事を同時に考えていると手がつけられないので、

一つのやるべき事に頭を集中します。

それ以外のことはどれだけぐちゃぐちゃになっても気にしません。

全体はなっていないかもしれない。

頭はスッキリします。

 

こうして緊急度の高いものばかりこなしていくのです。

大人になると、できるのにあきらめなければならないことが増えていくのですね。

睡眠と自己暗示

最近睡眠がおかしいです。

お風呂入った後にすぐに眠れず、遅れて睡眠したのに早めに起きてしまう始末。

そして昼頃寝るとすごい気持ちがいい。

滅茶苦茶じゃないか。

自律神経の問題があるんです。

緊張の連続でリラックスする時間が少なく、副交感神経があまり機能していないと考えられます。

なので、風呂に入る際に、「副交感神経が優位になる」と自分自身に暗示をかけるのです。

やってみたら、多少効果はありました。

数日続けていればよりわかってくるだろうか?

 

このやり方あってるかな?

疲れた。すごい疲れた。

鏡を見ると大変疲れた顔をしている。

色々な人を見る度に、この人にも歴史があるんだなということが創造されて頭がしんどい。

寝ます。

疲れるはずなのに疲れてなかったら神経の問題かも。

今日整骨院に行って教えてもらいました。

神経が鈍感だと疲れを感じないのだと。

最近の調子がおかしい理由がわかりました。

体が疲れを感じないようになっているのですね。

しかしそれは感じさせないようにしているだけで、実際は疲れている。

神経が正常に作動した時、一気に疲れが体を襲います。

これが感じないままでいると、鬱や躁になるそうです。

 

疲れるはずなのに疲れを感じなかったら要注意です。

成長しているのではなく、体がサインを出すのを見送っているだけかもしれないのです。

手帳を見る習慣を。

日々の予定や記録をジブン手帳に書き込んでおります。

こいつで物事を整理しているなですが、

休日全然見てません。

見える・わかる状態になっていることが大事なので、手帳は常日頃見るようにします。

食費を何とかしていく。

今現在会計作業をしていました。

いろいろ出費があるのですが、食費の高さが目につきます。

まだまだ外食が多いのです。

あまり食事をとらなくてもいいのですが(特に休日)、どうしてもお腹が減ったときは外食に行ってしまうことがあります。

こいつを防ぐには。

あらかじめ食料を用意しておくのがいいのでしょう。